RSS Feed

‘未分類’ Category

  1. 働きながらネイリストを目指す

    3月 24, 2018 by author

    現在の仕事が自分に合っていないという理由から、様々な求人を手に取っている人もいることでしょう。
    ネイリスト求人もそんな転職先の一つとして数えられます。
    今回は、転職先としてネイリストになる際の道筋について詳しくご紹介します。
    ネイリストという職業は、端的にいってしまえば資格が無くても働くことが出来ます。
    美容師や警察官といった国家試験を突破する必要はありません。
    ネイルサロンをはじめとしたネイリストを募集している職場に就職すれば、
    ネイリストとして第一歩を踏み出すことが出来るのです。

    資格なしにネイリストになった場合、まずは技術や知識の蓄積に従事することになります。
    就職しているわけですから、最初は先輩の手伝いや雑務から始まるかもしれません。
    こういったルートでもネイリストになれる可能性はありますが、
    ネイルスクールや通信講座を利用することで、即戦力のネイリストという立場で就職することも可能なのです。
    実際のところ、ネイリストを必要としている職場の多くは、ネイルに関わる資格を持っている人を優遇する傾向にあります。
    学生であればネイリストの学校に通い、資格を取得してから就職活動をするといった人生設計を描くことも出来ますが、
    すでに働いている方はどうしたら良いのでしょうか?

    ネイリストに関する資格の勉強は、通信講座やスクールで知識及び技術の磨くのが効率的です。
    一般的なネイリスト養成のスクールは、昼間に開校していることが多いのですが、中には夜間用のスクールも存在します。
    夜間スクールは1日のコマ数が少ない一方で午後19時といったアフターファイブの時間帯に学ぶことが可能なのです。
    毎日ではなく、週に2回から3回のペースで学校に通うことになります。
    これであれば、仕事をしながらでも通いやすいと思える人も多いのではないでしょうか。
    通信講座を利用して自宅で学習を進めるというのも働きながらネイリストを目指す人には良く見られる光景です。

    夜間スクールよりも時間に融通が利く分、実際に爪を飾るといった実習部分に関して不安が残るかもしれません。
    最近では課題の添削やDVDに力を入れて、スクールの授業に負けないほど充実している通信講座も増えています。
    何よりも通信講座はやスクールに比べて費用が安いというメリットがありますから、
    経済的理由によってこちらを選択する人も多いのです。
    どちらにせよ、大切なのはモチベーションの維持です。
    仕事をして疲れた体のまま学習をするというのは非常に厳しい状況ですが、ネイリストは手に職をつけて働くチャンスです。
    ネイリスト求人に載っている資格を取得するためにも、夜間スクールや通信講座で学習を進めていきましょう。


  2. ネイルの資格を取りたい

    3月 18, 2018 by author

    ネイリスト求人を眺めてみると、資格保有者優遇という文字が書かれていることもあります。
    ネイリストは美容師のように国家資格が無くては働くことが出来ないという職業ではありません。
    資格そのものが無くても、ネイリストとして働くこと自体は可能といえます。

    しかし実際は資格を持っている、すなわちある程度の技術や知識の保持者を前提に募集がかけられていることがほとんどです。
    ネイリストに関わる資格を取得するには、通信講座やスクールに通うといった方法があります。
    今回はその2つの方法について比較しながら、ネイリストの資格取得に関する知識を深めていきましょう。
    ネイリストに関する資格の勉強を通信講座で行うメリットとしては、費用がスクールよりも安いという点にあります。
    専門的な知識を獲得するわけですから、同じ資格の講座を比較したとき、
    スクールの半額程度で勉強を進めることが可能な傾向にあるのです。
    自宅での学習も可能ですし、介護や子育ての合間に勉強を進められるのも見逃せないポイントです。
    ただし、疑問やわからない点が生まれたときに、学習がストップしてしまうのが難点です。
    メールや電話で通信講座に質問をすることは出来ますが、目の前で指導してもらうよりも理解が難しくなるのは否めません。

    しかし、現在仕事をしている方や、スクールに通う余裕がないという人にとっては学びやすい環境ともいえるのです。
    一方で、スクールは講師が目の前で技術を披露し、生徒の質問にも答えてくれます。
    また、周囲に同じ目標を抱いている仲間がいるわけですから、自然にモチベーションも上がることでしょう。
    また、ダミーではなく本物の人間の爪と触れ合う機会が多いのもスクールに通うメリットです。

    気をつけていただきたいのは、スクールの場合は通信講座よりも費用が高くなるという点です。
    講義に用いる道具や講師の給料など、スクールは様々な面でお金が必要なので、生徒が負担する額も増えてしまいます。
    さらに、居住地域から通える距離にスクールが無い場合は、
    一人暮らしをすることによって経済的負担が増してしまう可能性も否定出来ません。
    スクールと通信講座のどちらが優れていると一概に判断するのは困難といえます。
    スクールに通ったからと言って必ずしも合格出来るわけではありませんし、通信講座を受けて努力を重ね、資格を取得する人もいます。
    大切なのは、努力を継続していくには自分にどちらの方法が合っているかという点です。
    ネイリスト求人に記載されている資格を取得したい人は、通信講座やスクールに連絡を取ってみましょう。

    ネイリストの求人情報を扱うポータルではこういった就職に役立つ情報も紹介されています。https://www.nailist-jobs.jp/ネイリストとしてネイルサロンで働く方法


  3. 男性ネイリストの需要

    3月 11, 2018 by author

    職業に関する男女の差が少しずつ無くなってきている昨今、その潮流はネイリストの業界にも現れています。
    ネイルは女性が飾り付けるものであり、男性とは無関係という認識はもはや過去のものとなりつつあるのです。
    ネイリスト求人を見て就職活動をしようとしている人の中にも、男性の姿が増えてきています。
    今回は男性のネイリストの需要に関して詳しく見ていきましょう。
    男性ネイリストの強みとしては、男性ならではの価値観や観点を持っているという点です。
    女性がネイルを飾り付ける際、男性目線ではどう見えるのだろうと考えることもあります。
    大切なデートや合コンなど、女性からではなく男性にネイルの魅力をアピールしたい場面も決して少なくはないのです。
    そんなとき、男性ネイリストに相談することで、男性から見て好印象のネイルにするという選択肢が生まれます。

    また、ネイルサロンを利用する客層にも変化が出ていることにも注目しましょう。
    今までは女性客が目立っていたネイルサロンですが、
    最近では身だしなみの一つとして男性が通うという光景も見られるようになったのです。
    そもそも、ネイルサロンではジェルネイルなどのように爪を飾り付ける以外のサービスも行っています。
    爪を綺麗に切りそろえる、生皮を処理してささくれがない指にする、
    爪を磨いて光沢を持たせるといった爪本来が持つ美しさを維持するケアもネイルサロンでは受けられるのです。
    男性の場合にはこうした施術で身だしなみを整えることもプライベートやビジネスで成功を収めるための要因になり得ます。
    話しているときや作業中など、指先はどうしても目についてしまいます。
    そのときの指が清潔であった方が、良い印象を抱かれやすいのです。

    こうした男性のお客に対応しやすいのも、男性ネイリストの利点です。
    男性の中には女性と話すのが苦手という人もいますし、男性の指ならではの悩みを理解している可能性が高いからです。
    男性の皆さんがネイリストになりたいと考えたときは、まずネイリストに関する資格や検定を取得しましょう。
    JNECやJNAといった機関が主催するネイリストに関わる検定は、ネイリスト求人の応募条件にもなっていることが多いのです。
    ネイリストは特定の資格が無くては仕事が出来ないという職業ではありませんが、
    資格や検定を自分の技術や知識を客観的に評価してくれる証となりますから、持っていた方が就職には有利といえることでしょう。
    男性だからという理由でネイリストへの道を諦めるのは勿体ないことといえます。
    ネイルを飾り付けることに興味がある、お客とコミュニケーションを取るのが好きという男性は
    ネイリストに関する資格を取得してから、ネイリスト求人に手に取ってみてください。


  4. ネイリストに向いている人とは

    3月 4, 2018 by author

    ネイリストという職業が知れ渡るようになり、多くの人がその存在の認知するに至った昨今、
    ネイリストに興味を持っている人もいることでしょう。
    ネイリストになりたいけれど、自分の性格や資質に合っているかわからない。
    今回はそんな方のために、ネイリストに向いている人の特徴をご紹介します。
    ネイリストにとって最も重要なのはネイルが好きという気持ちです。
    爪という小さな部位を飾り付けることで個性を表現し、おしゃれをもっと楽しめるのがネイルの魅力といえます。
    ネイリストになろうと心に抱く前から爪を飾るのが好きだったという人は、向いている可能性が高いといえます。

    また、ネイルはアートとしての側面も持っており、創造的な気持ちで爪と対峙出来ることもネイリストの資質の一つです。
    与えられた作業をこなすだけでは、単なる便利なスタッフの一人でしかありません。
    オリジナルのデザインを考案し、お店に利益をもたらす存在が求められます。
    進化を続けるネイル業界の情報をいち早く察知し、流行に乗り遅れないような機敏さを持っている人も、
    ネイリストとしての素養を持っているといえるでしょう。
    手先の器用さや、美術的なセンスがあった方が、ネイリストを目指すうえで有利なのは間違いありません。

    しかし、スクールに通ううちに技術や知識は蓄積されますから、
    いくらネイルをしていても苦にならないというメンタル面の方が重要といえるかもしれません。
    ネイリストの接客業としての一面にも注目しましょう。
    ネイルを施す間は、お客とのコミュニケーションを取ることが必須とされています。
    なぜなら、ネイリストに爪を任せるお客の多くは、爪のケアだけではなく、リラックスした時間を過ごしたいと考えているからです。
    営業トークをする機会は少ないので、巧みな話術というよりも、お客を不快にさせない言動や話の聞き方が求められる接客業なのです。
    とはいえ、全く喋らずに頷いているだけでは、お客の側も不安になってしまいます。
    お客主導で話を進めながら、時々自分のことも語るような気の使い方もネイリストとしてやっていくテクニックです。

    また、ネイリストはネイルサロン以外の場でも活躍しています。
    美容院やエステサロンなど、他の美容分野と複合したサービスを提供する施設では、ネイリストも当然ながら必要とされているのです。
    ネイル業界以外の人とも気軽に会話出来る積極性があると、ネイリストとしての幅がさらに広がることでしょう。
    ネイリストというと女性の職業に思われがちですが、上記のような人であれば男性でもネイリストになることは難しくありません。
    実際、最近では男性のネイリストも増えてきましたし、ネイリスト養成スクールに通う男性の姿も見かけます。
    ネイリスト求人で仕事を見つける前に、自分がネイリストに向いているのか確認してみることをおすすめします。


  5. ネイリスト求人の見方

    2月 25, 2018 by author

    ネイリストとして働きたいと考えている方が、最初に手に取るのがネイリスト用の求人です。
    求人広告には様々な情報が書かれており、どこも魅力的な職場に見えてしまうことでしょう。
    今回はネイリスト求人を見るうえで注意したいポイントをご紹介します。
    まずはネイリスト求人がどのような場所にあるのかを知っておきましょう。

    最も簡単な方法は、インターネットの検索エンジンでネイリスト求人というキーワードを打ち込むことです。
    ネイリストを募集しているお店や施設がずらりと並んだページに辿り着けることでしょう。
    働くエリアを限定したいときは、ネイリスト求人の横に地域名を足して検索をかけてください。
    ネイルサロンのホームページが求人情報になっていることもあります。
    お気に入りネイルサロンがあるという人は、そこが求人をかけていないかチェックしておくのも良いでしょう。
    ネイリストになりたい人を支援してくれるスクールには、独自のルートで求人情報が届いている場合もあります。
    スクール側が認めた質を兼ね備えた職場が紹介されているわけですから、
    スクールに通っている人はまずそちらを参照にしてからインターネットなどを活用することをおすすめします。
    ネイリスト求人で最初にチェックしたいのは、自分が求められている人材としての資質を持っているかという点です。

    例えば、ネイルサロンによってはJNECやJNAといった組織が主催する検定及び資格を取得している人を募集していることがあります。
    ネイリストとして働くうえで、こういった資格を持っていて損はありません。
    免許制ではないネイリストにとって、資格や検定が自分の技術を証明する手段となるからです。
    とはいえ、自分が取得していない検定や資格を持つ人材を募集している
    ネイルサロンに採用される可能性は低いといえるので、その場合は他の候補をあたると良いでしょう。
    給与や福利厚生といった働くうえで絶対的に見逃せないポイントも、必ずチェックしましょう。

    また、ネイリストにとって道具が支給されるかは大きなポイントといえます。
    道具は日々使えば摩耗するものですし、そうした消耗品に関してお店側がお金を出してくれるのかは働き方の質に大きく関わります。
    研修期間を設けているネイルサロンの場合、その間の給料に関してはどうなるのかを確認しましょう。
    研修中だからといって給料が大幅に低減されていると、生活が苦しくなってしまうからです。
    最後のポイントとしては、お店の雰囲気や働きやすい環境にあるかといった点をチェックしておきたいところです。
    一度お客として訪ねてみて、従業員やスタッフの働く姿を観察するのも良いでしょう。
    ネイリスト求人に記載されている情報をもとに、自分に合った職場を見つけ出してください。